亀山クライミング

《山行日》  2011年10月3~4日
《天  気》  晴れ
《同行者》  petboyさん、rockさん、馬しゃん
《コース 》  亀山
数年前に私とpetboyさん、馬しゃんの3人で始めた山の会ですが、今では45人の大所帯になりました。
最近山歩きをしていない私は知らないメンバーが増えてきました。
そんな時に、当初の仲間2人と会員№9のロックさんが一泊で遊びに来てくれました。
目的は、発会当初から馬しゃんが言っていた右田ヶ岳山頂の岩の上でジャンプしたいという夢を叶えるためでした。
最初の日の午前中は仕事があったので、午後から皆がクライミングをしている火の山連峰の亀山に様子を見に行きました。
発会当初は花を愛でながらの山歩きが主でしたがロックさんが参加したあたりからクライミングにも興味を持ち始めて何人かが嵌っていきました。

亀山の岩場に着くと一年前とは別人のように痩せたpetboyさんが見事な岩登りを見せていました。
場所を変えてやるということで少し移動します。




まずは、知らない内に素晴らしく上達をしていたpetboyさんがトップにロープをかけます。
ロープをかけながら登るpetboyさんの見事なリードぶり

yasuさんもやってみたらということで挑戦をしてみます。

記念すべき第一歩です。

本能のままに登ってみます。
途中で皆が「おぉ、レイバックをやってる」「教えてないのに凄い」と言っています。
レイバック???



無意識にやった、これがレイバックという技だそうです。

これは才能があると行くことで、登頂できそうな初心者用のルートに移動します。



高さ12mくらいのルートです。


何と、一発で見事に登頂しました。


登頂をして降りるのは実に気持ちがいいです。(少し暗かったのでブレてます)




楽しくなったので次の日もクライミングに挑戦することになりました。

夜は鍋を囲んで山談議に花が咲きました。


次の日は午前中に右田ヶ岳に登り午後から再びクライミングです。



この日は昨日より少し上級のルートに挑戦ですが一発目は見事に落下しました。


二度目の挑戦、一度目は左足を上げる前に右手を離したために落下しました。


今度は下からの指示通りに慎重に行きます。


落下したところはクリア


さらに上に登ります


もう少し


この後、登頂に成功しました。

昨日より岩場が垂直に近いので登頂後に下を見ると高度差がすごいです。
降りる一歩を踏み出すのがちょっと怖かったです。

その後もう一段上級のルートに移動しますが、さすがに挑戦二日目の私では歯が立ちません。
落下を繰り返すうちに指の力が入らなくなりリタイアです。

初めてのクライミングでしたが楽しかったです。
仲間が近くにいれば間違いなくやると思います。