霜降岳

《山行日》  2012年3月13日
《天  気》  晴れ
《同行者》  ランボーさん、笹尾根さん
《コース 》  砂防公園~後城~霜降岳~前城~男山展望台~男山~登山車道~霜降岳展望コース~砂防公園
15分で行けるこの山は子供のころに登っていますが(山頂まで登ったかどうかは定かではありません)、標高が250.2mしかないので山歩きを始めてからは馬鹿にして登っていませんでした。
野鳥観察で麓はウロウロしますが登山者に会うたびに、こんな山に登って楽しいのかなと思っていました。
そんな霜降岳に今回ブログ仲間のランボーさんとお友達の笹尾根さんとで登ってきました。


11:30 砂防公園手前の駐車場


最初の分岐を右に沢を渡って行く

沢を渡ってから思いのほかの急登に久しぶりの山歩きなのであえぎながら登っていく


12:08 標高230mの後城まで急登が続いた


12:20 山頂の本城跡


霜降城跡(本城)の説明


途中で見れる花はこのヤブツバキだけ


12:33 霜降城跡(前城)の説明


12:43 管理車道に出る


楽なコースを避けて辛い方に行く(笑)


前城かな?


12:51 男山展望台に着く


13:25 昼食と記念撮影の後下山開始


13:31 男山


13:43 車道を歩き持世寺コースに入る


霜降岳展望コースに行く


霜降岳かな?


気持ちの良い登山道


ところどころに作業道が出来ていた


峠池を見下ろす


耐荷重320㎏の橋


いい雰囲気です


持世寺コースに出る


野鳥観察で歩き慣れた道


最初の分岐に戻る

14:30 登山口に戻る、ちょうど3時間の山歩きでした。
三人とも標高250mなので楽な山だと思い込んでいましたが、登山ルートもたくさんあってなかなか奥の深い山だと見直しました。
ちなみに地元では霜降山というので、ずっと霜降山だと思っていましたが正確には霜降岳というようです。